Atelier la Primavera

Atelier la Primavera
アトリエ・ラ・プリマヴェーラ
Concept(理念) それは{ 調和 Balance }

作品 { 三美神 The Three Graces 

オーバル型陶板 (49cm×33cm)

15世紀のイタリアの画家ボッティチェリが描いた 「プリマヴェーラ(春)」
その中に登場する三美神を、
春の花々で縁取って再現してみました。
白磁に黄金色の雲母金を被せ、その上から三美神を描くことにより、
羽衣の透明感や軽やかさ、神々しい柔らかな肌合いを表現しています。


三美神というのは、古代神話の神々が源となり、
ルネッサンスの時代を経て、いろいろな哲学的な意味づけや解釈がなされていますが、
それぞれ「愛慾」「純潔」「美」を表すと云われています。
あい反する「愛慾」と「純潔」のふたりの女神の手は、
「美」の女神によって結ばれ、和解し統一しています。 
春の霞のように薄く柔らかい衣を翻し手をつなぎ合い、それはまさに春の到来です。


ボッティチェリの生きた時代から時が流れ、
今、私たちの生きる時代は、宗教の対立や繰り返されるテロ行為、
貧富の格差、環境破壊や生産性や効率性の時間との戦いなど
数え上げればきりがないストレス社会に対面しています。
この苦しみはいつから始まったのでしょう。


さまざまな偶然が重なり、
数ある星の中で地球という星が誕生し、
気の遠くなるような時間を経て生命が宿り進化し、
とてつもない奇跡の中に生かされている私たち「人」も、
地球という自然の一部であって、万物の中心ではありません。 
常に他の生物と共にあり、すべてが命のつながりの中で相互に依存しながら、
大いなるバランスの中に生かされています。 
そしてこの地球がこんなにも美しいのは、
その生命の多様性のおかげであるといわれています。

ボッティチェリの生きた時代も今も、
変わらず私たちひとりひとりの内面には、
本来この「愛慾」「純潔」「美」が満ち輝き、
自分と出会い他と出会う中で
それぞれのバランスを保ちながら、揺れ動いているのではないでしょうか。

もう一度その調和の原点を見つめる事。
アトリエ・ラ・プリマヴェーラの名前の由来、そしてその理念は、
そんな 調和への願い から来ています。